熊本土産のからし蓮根など、素材にこだわった郷土の味を販売しています。
ふくとく大成株式会社


ふくとくについて

ホーム > ふくたび

前回のふくたび 2017冬はこちら >>

高原に生きる

萌える緑に若葉芽吹く初夏。照りつける太陽が高くなり、空の色もぐんと濃くなってきました。夏の足音が聞こえてくると、自然と気持ちが弾んでくるものです。日常を飛び出して、いつもとはまた別の時間の流れを感じに出かけたい…そんな気持ちになる方も多いかもしれません。
今回私たちは、緑まぶしい「吉無田高原」を訪ねました。阿蘇外輪山の裾野に広がる標高600メートルのなだらかな高原。ふかい緑と透明な空気が広がる土地は、時間そのものを忘れさせてくれるようです。涼やかな夏の旅へ思いをはせてみませんか。とっておきの新茶と〆蒲(しめかま)≠味わいながら。

一層蒼く、お茶薫る。

あさのやぶ、茶摘み風景

晴天に恵まれた休日に茶摘みイベントを開催。遠く向こうに見える山の濃い緑と、畑の蒼々とした緑のコントラストが絶景。吉無田高原は県内有数のお茶の山地でもある。

「夏も近付く八十八夜…」あの唱歌を口ずさみたくなる風景が目の前に広がっていました。お邪魔したのは、新茶製造真っ只中の「野口園」です。「野口園」のお茶は、吉無田高原にある「あさのやぶ」という集落で作られ、茶畑は集落を見渡す高い場所にあります。お茶の特徴について三代目の野口大樹さんは「高原ならではの寒暖差が深い味わいを生み出してくれています」と語ります。

新茶とおばあちゃん

新茶

取材陣にお茶の摘み方を教えてくれたキュートなおばあさん。 (下段) 摘んだばかりの茶葉。「野口園」は栽培から出荷まですべて自社で行っている。

一般的には、立春から八十八日目頃の5月初旬からが新茶の季節。「新茶」あるいは「一番茶」は、その年はじめて摘まれるお茶のことです。大樹さんに案内してもらい、私たちも茶摘みに挑戦してみました。

代表の野口さん、母娘の茶摘み風景

代表の野口大樹さん。緑の海をかき分け、子どもたちも真剣に茶摘み。

茶葉の天ぷら

お茶の葉にうすい衣をつけて揚げた天ぷら。おどろくほどやわらかくて美味しい!

ぴかぴかに輝く茶葉は想像以上にやわらかくてびっくり! ぷちん、ぷちん…ご近所の集落から参加したおばあさんたちが、テンポよく茶葉を摘みとっていく姿に、在りし日の豊かな暮らしを思いました。
終了後は、水出し新茶と、地元のお母さんたちが作ってくれたお昼ごはんを堪能。さわやかな甘みと若葉のようなみずみずしい香りは、まさに旬の味わい。この時季だけの特権です。

取材協力/野口園 熊本県上益城郡御船町田代6590 Tel.096-284-2733
http://www.noguchi-en.com

 

海まち・唐津のやわらかな潮風、
やさしい街並み。

薫る風を浴びながら、吉無田の旅は続きます。次に訪れたのは、貸別荘と喫茶「遊心(ゆうしん)」。それぞれ趣向を凝らしたロッジでのひと時をもとめて、全国からファンが訪れる別荘です。周囲はすがすがしい空気と心地よい静寂に包まれ、大人の休日にぴったり。高原の自然を体感するとともに、自分自身とゆっくり向き合える場所でもありました。

唐津くんち曳山

唐津くんち曳山

唐津くんち曳山

「天空ハウス」からは美しい眺望が大パノラマで広がる。遠くは雲仙普賢岳まで一望。喫茶の手作り菓子も人気だ。

古民家茶房&お宿「遊心」
熊本県上益城郡御船町田代6702-211 Tel.096-202-5139
http://www.yuushin-sabou.com

大通りから一本入った道なき道≠抜けると(運転の際はご注意を!)、「蜩(ひぐらし)窯」に辿り着きました。こちらは陶芸家・渡辺ヒデカズ氏が手がける食器やオブジェが並ぶギャラリー兼カフェ。名物は、息子・大祐さんが石窯で焼き上げるもちもちのピッツァです。

名護屋城跡

名護屋城跡

名護屋城跡

車1台通るのもやっと、という細い道を進むと見えてくる森の中の隠れ家。人気のカフェは息子の大祐さんと奥さまが切り盛り。吉無田の水と県産粉を使用したピッツァは、“自家製ベーコンとトマトのピッツァ”、“野菜が沢山のピッツァ”など多彩。

名護屋城跡

蜩窯(ひぐらしがま)
熊本県上益城郡御船町田代8405-375 Tel. 096-285-2426
http://higurasigama.com

高原の風はたださわやかで、まだ見たことのないもの、行ったことのない場所へ連れていってくれそうな。そんな澄み渡った風が吹いています。

取材・写真・文 福永あずさ

呼子イカ刺し

呼子イカ刺し

「くまもと名水百選」に選定されている「吉無田水源」。毎時約500トンの湧水が絶えず湧き出ており、涼みに来る人、水を汲みに来る人が多数訪れる避暑地。

唐津焼

 

九州地図

□ 車でお越しの場合(各IC〜人吉IC)
・ 熊本空港より   約20分
・ 熊本駅より    約1時間
・ 熊本ICより    約30分
・ 福岡ICより    約2時間
・ 長崎ICより    約3時間
・ 佐賀大和ICより  約2時間
・ 大分ICより    約3時間
・ 鹿児島ICより   約2時間
・ 宮崎ICより    約1時間

唐津城

前回のふくたび 2017冬はこちら >>