熊本土産のからし蓮根など、素材にこだわった郷土の味を販売しています。
ふくとく大成株式会社


ふくとくについて

ホーム > ふくたび

最新のふくたびはこちら >>

ひとよし、酒よし、情緒よし。

グラスの氷がカランと乾いた音を立てて回るころ。ああ、やっぱりおかわりがほしくなります。米と水、たった二つの原料から造られるお酒といえば、米焼酎。やわらかな口当たり、割っても広がる豊かな味わい。何度口に運んでも鮮烈な印象を残してくれます。

青井阿蘇神社

青井阿蘇神社の前にある蓮池。人吉は酒処、この街は豊かな水に支えられています。

米どころ、酒どころとしてその名が知れ渡る人吉球磨地方。鎌倉時代から明治維新まで代々700年、相良(さがら)藩のみによって治められてきた「隠れ里」です。焼酎造りは古くから盛んに行われ、相良の国酒として長く愛されてきました。以来500年以上の間、各蔵の経験豊かな杜氏たちによって受け継がれ、磨かれてきた味と心。ちなみに、人吉球磨の水でつくったものだけを球磨焼酎といいます。現在は の蔵元が切磋琢磨し、球磨焼酎文化を支え続けています。

まつりに来たらまずは焼酎、焼きちくわ。

繊月まつり

人吉市民にとっておなじみの「繊月まつり」。 川辺川の伏流水と相良村産の米を使用した球磨焼酎「川辺」など、数種類の球磨焼酎の飲み比べが楽しめる。

早くも夏の訪れを感じさせる5月のある日。にぎやかな声と陽気な気候に誘われ、「繊月酒造(せんげつしゅぞう)」(人吉市新町)の本社を訪ねました。開催されていたのは「繊月まつり」。さわやかな晴れ間が広がる絶好のお祭り日和となり、大勢のお客さんでにぎわいをみせていました。

繊月まつり

社員とボランティアの総勢200名が笑顔で出迎えてくれた。「カンパイ!」と楽しそうなお母さんたち。この日は昼間からお酒を飲んでも無礼講!

ふくとくのちくわ

あつあつふわふわの“焼きちくわ”は1本100円。開場と同時に行列ができるほど大人気。

会場には、毎年これを目当てにくる人も多いというご馳走・鮎の炭火焼きや、「ふくとく」の名物・焼きちくわもしっかりスタンバイ。川辺川の伏流水を使用した「川辺」をはじめ、無料でふるまわれる球磨焼酎と一緒に頬張れば、至福そのもの、大満足。地元のお父さん、お母さんたちも焼酎片手にごきげんさん。「繊月まつり」は今年で31回目。
ちなみに、売り上げはすべて学校や施設に寄付されているとのこと。「繊月」さん、すごか!

ふくとくの焼きちくわ

ふくとくの焼きちくわ

熱々のちくわにはよく冷えた焼酎がよく合います。イベントには芦北鉄砲隊の皆さんの演舞も披露されました。

ノープランもまたよし、人吉のたび。

人吉町めぐり

熊本の南端にある人吉球磨地方は、盆地特有の朝霧の里とも言われます。昔から山深く静かな土地というイメージが強いですが、実は中心街は意外とコンパクト。
特にJR人吉駅からは、徒歩や貸自転車などでまわれる距離に、色々な名所が点在しています。

人吉町めぐり

九州の小京都と呼ばれる人吉市。鍛冶屋町通りでは昔ながらの街並みを堪能できる。

青井阿蘇神社

国宝・青井阿蘇神社。観光スポットとして多くの観光客や参拝者が訪れる。

たまには旅行気分に浸れる電車の旅なんてどうでしょう。特に熊本と人吉をむすぶ蒸気機関車「SL人吉」の人気は高く、世界中から鉄道ファンが乗車したり、写真を撮りにこられます。
降り立つ観光客を笑顔で迎えてくれるのは、ピンク色の法被が晴れやかな、ひとよし温泉女将の会「さくら会」の女将たち。
そのすぐお隣では、「弁当ー、栗めし、鮎ずしー」の声が。ほぼ毎日ホームで駅弁の立ち売りをしている「人吉駅弁 やまぐち」の店長・菖蒲(しょうぶ)さんは人吉の顔。町の風物詩のひとつです。

JR人吉駅

JR人吉駅

JR人吉駅のホームは駅弁の立ち売りや女将会の皆さんの出迎えがあってにぎやか。九州で唯一のSL列車、「SL人吉」は週末を中心に運行

駅から少し離れたところにある国宝・青井阿蘇神社や、人吉城址、みそ・しょうゆ蔵のある鍛冶屋町通りも、ふらっと立ち寄るのにおすすめ。
めぐるほどに好きになる人吉、ノープランでも何とかなります!

□ 車でお越しの場合(各IC〜人吉IC)
・ 熊本ICより 約1時間
・ 福岡ICより 約2時間20分
・ 長崎ICより 約3時間30分
・ 佐賀大和ICより 約2時間20分
・ 大分ICより 約3時間30分
・ 鹿児島ICより 約2時間20分
・ 宮崎ICより 約1時間20分
□ JRでお越しの場合(熊本駅〜人吉駅)
・ 特急(九州横断特急/特急くまがわ)、
 SL人吉   熊本駅 → 人吉駅
・ 九州新幹線「さくら」「つばめ」/
鹿児島本線・肥薩線
  熊本駅 → 新八代駅 →
八代駅(肥薩線に乗り換え) → 人吉駅
・ 鹿児島本線・肥薩線
  熊本駅 → 八代駅(肥薩線に乗り換え) → 人吉駅

人吉城跡

最新のふくたびはこちら >>